売上アップ

もっと売上アップさせるには、どの様な事をすれば良いでしょうか?

「いいね!」 1

行動あるのみーかと思います :laughing:
リサーチして出品。
ebayももちろんですが、物販はやるべきことはシンプルなので
それをいかに継続していけるか、なのではないでしょうか。

「いいね!」 3

難しいことにチャレンジすることでしょうか。
アメリカ向けの輸出は、さまざまな規制があり、手続きが複雑なことが多々あります。
ロシア向けの輸出は、事前にロシア当局への申請がないと輸出出来ません。
一見すると、それらの手続きは、パスしたくなると思います。
私は、人が行わない場所で、自分の販路作れば、ある意味競合相手が少なくなるので、敢えて、そのような場所を得意エリアにしたいと思い鋭意取り組んでいます。
関税法という大局から俯瞰すると、知識の獲得ができ、たのセラーと差別化ができると信じています。
正に、生涯勉強と感じています。
これからも、がんばります:exclamation:

「いいね!」 2

ご返信有難うございます。
ご確認ですが、ロシアは個人のバイヤーが多く、クーリエ便は法人じゃないと発送不可、日本郵便は今現在船便しか発送出来なくて約2ヶ月以上ぐらいかかるのですが、他に何か発送手段が有れば教えて欲しいのですが…?
以上、ご確認方々宜しくお願いいたします。

「いいね!」 2

FedExなら送れると思います。

「いいね!」 2

売上=販売単価×販売数量
この方程式は崩れないので、どちらを上げるかを考える必要があります。

販売単価を上げる、は販売商品の平均単価をあげることになります。
必然的に高額商品を扱うことになります。
現在取り扱っている商材の一番高い商品はなんだろうか?
一番高い商品のSold listingはなんだろうか?
日本でいくらで売れているだろうか?
取り扱い商材を一番高く販売しているセラーは誰だろうか?
このあたりを私は調べますね。

販売数量を上げる、はCVR(成約率)を高める必要があります。
今の出品数の平均値はどのくらいだろうか、
月間の販売数量はどのくらいだろうか
出品数を増やすには今の出品方法でいいのだろうか
などなど、

リサーチと在庫にする商品の仕分け、出品数をあげるための方法を考える必要があります。

最近多い無在庫のセラーで数万品出品しているけれども月に数十点ほどしか売れていない、そんな販売モデルになると非常に厳しいと思います。(無在庫を否定しているわけではありません)

単価×数量、これを私は意識してます。

「いいね!」 3

有難うございます。
確認してみます。

有難うございます。
やはり商品名等検索でのテラピークリサーチが一番ベターですか?
以上、ご確認方々宜しくお願いいたします。

「いいね!」 1

私も、テラピークを使いますが、まだeBay市場に出ていない、素晴らしい日本製品があるという信念をもってリサーチをしています。
もしそのような商品に出会えれば、売上の拡大ができると思っています。

「いいね!」 2

リサーチについてはなんでもいいと思います。
個人的に重要なことは「リサーチした結果を残すこと」にあると思います。
私はそれを定点観測と言っているのであえてその言葉を使いますと、毎回毎回違う言葉を探したりしていると最初からやり直してる感覚に陥るんです。
それがイヤでスプレッドシートにできるかぎりリサーチの結果を残すようにしています。
「いつ、何が、いくらで、どれくらい売れた」これを残していれば商材の比較ができます。

テラピークが使いやすい理由はキーワードの結果の売上と個数が見えること、期間をカスタムできることにあると思います。

過去30日間で100個売れている商品と過去300日間で100個売れている商品があったとすると、前者のジャンルを深堀りしていったほうがいいかなと思えますよね。

そんな感じでキーワードと検索条件を統一してリサーチ→記録を繰り返していけば自分なりの商材把握ができると思っています。
そのあたりの内容を以前イーベイポータルのブログにリサーチについての記事書いたので見ていただけると嬉しいです。

「いいね!」 3

売上を作りながら探すの大変ですよね!
きっとそれが報われる日がくると思って私もやってます!

「いいね!」 1

毎日、わくわくしながらリサーチをしています。
自分がリサーチして見つけた商品が売れるととても自信になります。今後も慢心せず、丁寧にリサーチしていきます。

「いいね!」 2

了解しました。
記事を確認します。

「いいね!」 2

自分的にいまいちテラピークの使い方が理解できて無かったので、
再度確認してみます。

「いいね!」 2

あとはルーティンに落とし込むことが大事かなと思います。
販売者としてどんな状況か、

有在庫も無在庫も売れ筋見つける→安定して販売する仕組みを作るの流れが基本だと思います。
仕組みは人によって考え方が様々ですが、外注化はぜひトライして見てもらいたいですね。

「いいね!」 3