FedExの置き配への不安

FedExから配達済み(Delivered)の通知に、写真(下記)が貼付されていました。所謂「置き配」というやつかと思いますが、かなり不安に感じました。

というのも、つい先日Amazonの配達で、団地の2号棟の方が、6号棟の私の自宅に「玄関に間違えて届いていました」と持ってきてくださったからです。そのときも写真がメールで届いていましたが、見慣れない玄関に荷物が置かれた写真でした(しかも2号棟って、どこ?2と6、どういう間違い??)。

誤配だけでなく、米国だと盗難にあうリスクも相当高いのではないでしょうか。
コロナのせいもあって置き配は全世界的な傾向なのかもしれませんが、FedExでは、皆さんは「署名オプション」を必ずつけておられるのでしょうか。私はほとんどつけていませんが、300ドル位以上の高額商品だとつけています。必ず付けるのが常識なのでしょうか。

最悪盗まれた場合は、FedExの補償がきかない上に、購入者にも返金という悲惨な結果になるのでしょうか。
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

index

「いいね!」 2

基本的に署名オプションを付けないと置配になります。
紛失しても補償してくれませんから有料ですが、署名オプションは必ず付けた方が良いと思います。

「いいね!」 2

そうなんですね。置き配がスタンダートだとすると、エンベロープ以外は署名オプション無しは危ないですね。

今のところ盗難事故には遭っていませんが、転ばぬ先の杖で、今後は50ドル以上位からは付けけることを検討したいと思います。

「いいね!」 1

個人的には署名オプションはほとんど使っていません。
保険もほとんど使わないです。

置き配での盗難や誤配はそこそこの頻度で発生します。
しかし、トラッキング情報で住所地への配達が確認できれば、ほとんどのケースでセラー保護で守られます。
そのため、$500以下は取引時に不信感があったり、まとめ買いで送料に余裕がある場合を除いて署名オプションは使いません。
発送先がUSの場合は総運送申告価格が$500以上であれば、署名オプションは無料なので使用します。
商品価格+送料+税の合計が$750以上の場合は国を問わず署名オプションを使います。
署名オプションは必ず履行されるものではなく、現地の配達員の判断や、受取人の指示によっては使っていても置き配が行われます。

置き配の盗難については増加傾向にあります。

発送に使っている件数とのバランスも考える必要がありますが、経験として置き配関連のトラブルはFedexよりDHLの方が圧倒的に多いです。
DHLでトラブルが発生すると、その後の処理が非常に面倒です。

DHLのフライヤーは遠くから見ても、夜間になっても目立ちます。
Amazonの箱もわかりやすいでしょう。
一時はクーリエの配達した荷物を専門的に狙う窃盗団が話題になっていました。

「いいね!」 3

toratoraさん、いつもとても勉強になります。ありがとうございます。

今日も写真が届きました。靴を拭く玄関マットに置かないで!
郵便受けはないのでしょうか。汚いし、踏まれそう。
ダウンロード

「いいね!」 1

これはもう配達でも置き配でもなく、放置では?
okihai

「いいね!」 2

自動販売機は無いのに置き配は許される国。日本と逆で面白いですね。
しかし、そうやって毎回画像が届くんですか?当方にはいつも配達完了のお知らせだけです。一度だけ画像が届いた事があります。これもかなり不安でしたw
画像

「いいね!」 2

置き配の写真って、いままであまり気にしたこと無かったのですが、みなさんどのように取得していますか?

「いいね!」 1

フェデックスの携帯ツールで最近のバージョンアップで表示されるようになったと思います
前のクーリエさんはトランシーバー位の大きな機械だったのが最近はスマホのような機械になったのでクーリエさんが使用する機器が変わりそれでアメリカから先行サービスが開始したのだと思います
そのうち日本もやるのかな?

「いいね!」 1

@magi
ありがとうございます。以下の記事のことが始まっているのですね。うちは署名オプションを付けているので、まるで気づいていなかったです。
(数件は、Buyer側が変更したのか、置き配になってましたが…)

「いいね!」 3