FEDEX 関税の高額支払いがありました。教えてください。

ebay初心者です、ご存じの方教えてください。
2023/11のキャンセル取引きなんですが、今になってeloge(fedex)から¥72000-関税支払いが来ました。商品価格は15000円程度です。

①なぜ、今になって請求が来るのか、②なぜ、高額なのか。
ebayサポートに連絡しましたが、関税についてはわかりません。と回答でした。
elogeからは、請求を支払うかバイヤーに連絡を取って支払いの承諾を得てください、との内容でした。
バイヤーに何度も連絡しましたが返答は無く、ebayにその旨伝えましたが、クローズした取引については介入できないということでした。

その日は、配送期限の商品があり、支払わないと新規商品を配送できないのでしょうがなく支払いました。

インドバイヤーとのキャンセルの内容は、商品1点が、インドバイヤーに売れました。
配送後、商品をキャンセルしたいと申し出がありました。(理由:他の商品を購入する)
商品は、すでにインドにあり配送中でした。

初めてのキャンセルだったのでebayサポートに指示を仰ぎました。その間に、商品がバイヤー自宅に到着。

キャンセルを承諾し、商品は返送不要、商品代金も返金しました。

ebayのキャンセル方法が操作方法もあいまいだったので、サポートに指示をいただきながら進めました。
処理の最後は、サポート側がすすめるので何も操作はしなくていいです。とのことで、終わったと思っていましたが、今回このようなことになりました。

その後、 Order detailsを確認しましたが、返金処理は完了しました。になってますが、配送が Shippedのままで止まっています。

この事と関税について、直接fedexに電話連絡しました。
追跡番号で調べてもらいましたが、なぜか番号自体見つからないということで、住所から検索してもらいました。「この取引は完了しています。でもebay上のシステムについてはわからないとい」うことでした。関税も確かに¥72000-になっているということでした。
(FEDEX側の追跡番号も教えてもらいました)
こんな事ってあるのでしょうか。今になって関税の請求でこんなに高額なんて:sweat_drops:
このまま、泣き寝入りの状態なのでしょうか。
操作方法も間違いないようにebay教えてもらいながらすすめて、慎重に作業したのに、金額が間違っていないのではないかと思っています。

請求詳細を確認する方法や、このような経験をした方、いらしたら解決策を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

内容わかりずらいなどありましたら、追加しますのでご教示お願いします。

「いいね!」 4

まず、ebayとFedexは全く別の会社なのでebayにFedexで起きたことを聞いても調べることは出来ません。
また、ebayがサポートをすることもできませんし、ebay上での出来事についてもFedexには関係がありません。
問題はFedexで起きていることなので、Fedexとのみ話す必要があります。

関税等については出荷ラベル作成時に入力された金額、貿易条件などが関連します。
仮に貿易条件が選択されていない、送料等を含まないようなものが選択されていた場合で送料が入力されてない場合、Fedexの標準的な送料で計算されることが多いです。
どのような内容で入力していたかを確認する必要があります。

請求の詳細はFedexに確認をする必要があります。
通常はGST、関税、通関手数料が発生します。
通関の部分で他の業者に委託しているような場合、高額な通関手数料が発生する可能性があります。
この場合の手数料は商品の金額ベースではないことが多くあります。

例えば

GST 28% ¥4200-
関税 10% ¥1500-
通関手数料 ¥66300-

このように明細に記載がある場合、それは正しい請求となってしまいます。
実際には通関手数料は総額をサービスコストとして、それに対する現地でのGSTが加算されることが多いです。
また、代行業者が通関をする場合、倉庫保管費用や書類の作成費用などが含まれて行きます。

請求についてはインドでの実際の関税等の支払いのタイミングなどの確認も必要です。
後払いが可能であれば受取人が支払いを拒否することは可能です。
商品がすでに配達された状態で受取人が支払いを拒否した場合、支払いは出荷人が行う必要があります。
これはFedexの約款に記載されています。
出荷人への請求は配達後、1~2か月後に行われるケースがほとんどなので、年末あたりのものが1-2月に請求されると考えられます。

支払いを行わない場合はFedexの利用が出来なくなります。
また、訴訟となることもあります。

この取引のミスとしては発送済みの商品のキャンセルを行ったこと、発送前にインドへの発送でどのようなことが発生するかを調べなかったこと、返送や配達停止等の指示が出来るかを確認しなかったことなど複数あります。
個人的にはインドへクーリエで発送することはしません。
クーリエの営業に確認すると非常に難しいので止めておいたほうが良いと言われると思います。

「いいね!」 7

@623 さん、はじめまして!
高額の請求が届いたとのこと、やはりまずはtoratoraさんの言うように、請求詳細をelogiもしくはFedExに確認することで何か分かることがあるかもしれません。
また、あわせて税関申告額も確認してみてください。

「いいね!」 3

初めまして
私もeBay初心者です。

①通関手数料って、輸入する人または代行業者が支払うものですよね。
輸入者が受け取った時点で通関手数料の支払いは輸入者に行くべきと思いますが、
なぜ、輸出業者側に請求が来たのか?

②また、再発防止のためには何が必要か??

どなたか解説お願いします。。

「いいね!」 3

①ebayのルールとクーリエのルールは違います。

ebayのルールではバイヤーの国で発生する税及び手数料の支払い義務はバイヤーにあるとされています。
また、基本的にクーリエもこれらの費用の請求を輸入者に行います。
輸入者が費用の支払いを拒否した場合、ebayとクーリエではルールに違いがあります。
クーリエがebayのルールに従う義務はありません。

多くの国では輸入者が税や手数料を支払った後で配達がおこなわれます。
しかし、一部の国では通関および配達が優先され、配達後に税や手数料の請求がおこなわれます。
通関や配達の前であれば輸入者が支払いを拒否した場合に返送や破棄などの選択も考えられますが、すでに配達が完了していますので誰かが支払いを行う必要があります。

このようなケースではFedexのルール、これはIATAで定められている国際的なルールを基準として処理されます。
このルールでは荷受人である輸入者が費用を支払わなかった場合、荷送人が費用を支払う義務があるとされています。
Fedexの約款、ルールに同意をしてFedexを利用しているわけですから、荷送人は同意に基づき請求された費用を支払う義務があります。

このような費用をセラーが支払った。
これはebayのポリシー違反だ。
クーリエは輸入者に費用を請求するべきだ。
当然ですがセラーはこのように思うでしょう。
しかし、クーリエ側にとってebayのポリシーは関係ありません。
締結されたルールに従い荷送人に請求を行います。

また、このような問題についてebayに報告したとしても、ebayがバイヤーに費用を強制的に支払わせることは出来ません。
そのような義務や権利はebayにありません。
セラーがバイヤーと交渉をすることしかできません。

②輸送業者を変更する。

今のところ国際郵便、DHLは原則として税や通関手数料の支払い後に配達となります。
Fedexは国によって対応が違います。
将来的には変更される可能性はありますが、国際郵便やDHLを使うことである程度は再発を防止できると考えられます。
Fedexを使い続けるのであれば、こういったリスクを受け入れるしかありません。

Fedexではアメリカは配達後の税の支払いを選択できたと思います。
UKでは後払いが多くみられますが、現地の判断、商品の金額によっても違いがあるようです。
ヨーロッパの一部の国も後払いです。

各国の通関手数料は1500~3000円程度と考えられます。
他の業者が通関をする場合は数万円の費用が発生することがあります。

「いいね!」 7

ご返答ありがとうございます。

配送会社や国ごとのルールを再確認したいと思いました。
再発防止に、アメリカだけの取引もありかなと思っています。
慣れてきたら、徐々に増やしていこうと思います。

その後、フェデックスに連絡し、配送過程を教えていただきました。
請求詳細の担当者が不在ということで、本日、フェデックスに連絡します。

バイヤーにも連絡取れないので、関税は支払っています。

その分、ガンガン売って取返していこうと、切り替えました!

詳しいご説明、本当にありがとうござました。

「いいね!」 3

ご返答ありがとうご合います。
税関申告額。なるほど。

まだまだ、分からないことばかりですが、確認してみたいと思います。
ありがとうございます。

「いいね!」 3

すみません、わからないことが多くて教えていただいていいですか。

下記についてですが、キャンセルをしない他に、どういうことができるのでしょうか。
配送は特に分からないことが多すぎて、知らなかったことばかりでした。

料金については、利用できないのは困るので、その日に支払いは完了しております。

ありがとうございます。

「いいね!」 3

すでに商品を発送済みですのでキャンセルを受ける必要がありません。
発送済みの商品が不要であれば、商品の受け取り後にバイヤーがバイヤー都合で商品を返送する必要があります。
この場合の返送料はバイヤーに支払い義務があります。

まれに同様の状況でもセラー都合でのリターンリクエストを申請するバイヤーがいます。
このようなケースを防ぐためには事前にバイヤーにパッケージを未開封のままリターンするように連絡をしておきます。
リターンリクエスト申請後に再確認、バイヤーがパッケージを未開封と認めれば虚偽申告が立証されます。
パッケージを開封している場合、受け取った商品に問題はないが他の商品が欲しくなったからリターンをするのかを確認します。
バイヤーがそれを認めれば虚偽申告が立証されます。
虚偽申告が立証されればebayに連絡をします。
多くの場合、ebayが返金なしでリクエストをクローズします。

バイヤーが受け取り拒否を行った場合、まずは返送料も含めてFedexにその後のパッケージの扱いについて確認をします。
バイヤーが受取拒否を行った時点でバイヤー保護は無効となります。
商品が戻ってきた場合でも、セラーとしては返金する義務がありません。
送料・返送料・その他の経費を差し引いて返金、一切の返金なし、全額返金のいずれかを選択して対応します。

返送料が高額な場合は現地での廃棄を選択することも可能です。
廃棄の場合、Fedexに廃棄したことの証明書の発行を依頼します。
廃棄した場合でもセラーに返金義務はありません。

返金を行わなかった場合、バイヤーが決済会社にチャージバックを申請する可能性があります。
この場合は決済会社バイヤーに全額返金を行う可能性が高いです。
全額返金がおこなわれてしまった場合でも、一連の対応をebayに確認、ebayの推奨する方法での対処であればセラー保護を受ける可能性が極めて高いです。

どのような対応をするかを考えるうえで、発送前・発送後にFedexに確認することが重要となります。
ただ、関税等の支払い前に配達されてしまう場合、やれることは限られてきます。
しかし、受け取った商品代金を守ることが出来た可能性は高いです。
進め方によっては損失ゼロで切り抜けることも可能な案件であったと考えられます。

「いいね!」 8

そうなんですね、バイヤー都合でもセラーが支払うと思っていました。
ありがとうございます。

この連絡というのは、メッセージでしょうか。今後は、この事を購入後メッセージに付けたします。

相談するところを間違えたなと思いましたが、まずは私の知識不足がすべての原因なので、今後は、”どのような対応をするか”感考えて取引きします。
すごくためになる内容ばかりで、ありがとうございました。

「いいね!」 4

アドバイスにならないかもですが、私はダイブ前からクーリエ(私の場合はDHL)の利用は米国とオーストラリアだけに限定しています。欧州やカナダ等はEMSです。勿論、米国とオーストラリアはExpesited,欧州はStandardでの配送設定にはなりますが、関税トラブルを少し減らすことが出来るからです。(関税がらみの受け取り拒否→日本への返送料が発生。または破棄するにせよ費用がかさむ)。日本郵便での発送であれば無料で返送されるので、そのへんの心配だけはしなくても済みます。
※勿論、米国やオーストラリアでも高額な商品であれば、関税が発生しますが、私はそのような商品をあまり扱いません。あつかう場合はこれらの国もEMSにします。

「いいね!」 4

ありがとうございます。
アドバイスにならないなんて、とんでもないです。
すごく腑に落ちました。配送方法を国によって変えたり、手間かなと思いましたが、私もその方法の方が安心して取引できるかもと思いました。色々考えてみます。
ありがとうございました。

「いいね!」 3