恐怖! 小形包装物など4件で87万円、請求された件。

みなさん、まじめなお話が多いので、たまにはこんな読み物もいかがかなと思って、自分のfacebookのタイムラインに書いたものをこちらにも載せてみます。
あくまでも「体験談」なので、お気軽にどうぞ。


真夏の怪談・・・怖い話を一つ。
日曜のゆうゆう窓口で、小形包装物とeパケット、計4点発送。
担当はいつも仕事のまどろっこしい若い局員。
国際郵便には慣れていない局員が多いのは確かだけど、この人、もう何十回も受付してるのに、いつまで経っても入力を覚えられない。
「あちゃあ、こいつか~」と心の中で呟く。

今回も、荷物をスケールに載せては画面を迷いながらタップして、降ろしてタップして、また載せてタップして・・・入力できた! と思ったら、2点目を載せて、また悩んで、全部リセットして、1点目めからやり直して・・・。

それを眺めるこちらも、さすがにイライラしてくる。
平日の窓口のベテラン局員は信頼できる人たちで、10件出しても、だいたい5分でハンコを押せるのだが、この日はわずか4点に15分経っても終わらず、後ろにももう5人くらい並んでる。
イライラ・・・。

やっと終わったと思い、ほっとしてレシートを受け取って、退出。
ずぼらな私、普段はレシートの内容などはっきりとは見ないのだが、この日は何か違和感を感じて、レシートを注視。
するとそこには信じられない数字が・・・。

きゃああああああああ!
・・・とは叫ばなかったが、心はどっきん!
なんと、請求額がおよそ87万円!
なんじゃこりゃあ!(と、おなかを抑えてから手を見たら・・・私と同世代ね)

どうやら・・・個数が599個と入力されていて、重量(599g)と間違えて入力された模様・・・。
慌てて引き返して、列の最後に並んで、順番が来てまた1から10分以上かけて入力し直して。
もうさんざん。

真夏に疲れたけれど、ネタのできた話でした。

「いいね!」 5

後納なのでしょうか?直後に気がついてまだよかったですね。
私が利用するのは東京郊外の小さな郵便局ですが、新入社員さんでも数回で国際郵便の要領を覚えてくれましたよ。逆にいつもは奥の方に引っ込んでいて混んでいる時だけ窓口に出てくる管理職(?)のおじさんは国際郵便に対応できないみたいで他の人の手が空くまで待たされます。

「いいね!」 2

後納です。
若い女性だと、すぐに仕事を覚えてくれますね。
初めて見るおじさんはだいたいすぐにはできないで、途中で誰かを呼びます。

「いいね!」 2

あと、

絶妙な梱包ですね!!

「いいね!」 4

そこ!(^^;
はい、いつも絶妙に梱包します。

「いいね!」 2

きわどい時には窓口で重さだけ先に計ってもらって、わずかに超えてたら梱包修正してから差し出したりしている、迷惑な客です。(私が。)

「いいね!」 2

後納料金については、請求書が届いてから、日別差出一覧を出力して照合しているので、自分の場合だと気づくの1ヶ月後の可能性が…。
後納差出票を正副作って、副(控え)に日附印押してもらっているので、一応対策はしているものの、皆さんその場で気をつけているのでしょうか…?

「いいね!」 3

出すときは5~10点は出すので、それをやっていると、たいへんなことになります。(^^;

「いいね!」 2

いやあ、87万くらい増えてても、「今月、ちょっと多かったなあ」くらいじゃないですか?(^^;

「いいね!」 2

血に染まったタバコがあったら完璧でしたw
郵便局員は二度測り直す・・・

「いいね!」 3